個人で示談や請求


交通事故の被害に遭った場合もその気になれば自分個人で様々な計算や示談、請求などをすることができます。過失割合の算定や入通院慰謝料の計算、さらには後遺障害認定や算定などがあります。しかしこうした計算や手続きを自分一人でやるにはかなりの知識と時間とパワーが必要になります。果たして事故後でメンタル的にも身体的にもダメージを負っている時にそれだけのことができるかどうか不安ではないでしょうか。さらに後遺障害がある場合に逸失利益の計算なども入ってくると計算はかなり難しくなってきます。

弁護士事故が大きくなればなるほど種々の計算や手続きを自分一人でやるのは難しくなるので、できれば専門家の助けを得たいところです。もちろんかなりの程度は任意保険の担当者などが力になってくれると思いますが、例えば10対0で自分が被害者の場合などは基本的に自分側の任意保険は使用しないケースが多く、相手側の任意保険会社と自分の間で示談がなされることになります。しかし相手は普段からこうした交渉や示談をしているプロですし、自分は素人です。それで相手側保険会社の言うがままに示談を進めていると、本来なら得られるはずの慰謝料額などをもらえない場合も出てきますので、やはり弁護士などを立てて対応するのがベストでしょう。


Comments have been closed/disabled for this content.