弁護士に依頼する価値


交通事故に関係した費用や慰謝料について考える場合、物損事故などよりも人身事故の方が動く金額が大きくなることが一般的かもしれません。特に後遺障害などが残るレベルの人身事故に遭遇した場合は、きちんと慰謝料をもらえないと、その後の人生においても大きなマイナスとなります。

お金人身事故の示談に関してきちんと弁護士を立てることには様々なメリットがありますが、一番大きいのは慰謝料の増額が期待できるという点でしょう。慰謝料のどのくらいの金額かというのは算出するのが誰かによって金額が違ってきます。任意保険会社の基準で算出された慰謝料の金額は基本的にいってそれほど高いわけではありません。相手側の保険会社ですので、なるべく安く済ませることが目的となってしまいます。一方弁護士は弁護士基準で慰謝料を算出してくれるので任意保険会社の提示する慰謝料の金額よりも基本的に高くなることが期待できます

そこから話し合いが進められて折り合いがつけられるわけですが、最初に相手側の任意保険会社が提示した金額よりも遥かに高い金額で慰謝料をもらえることが期待できるので、交通事故の示談に関して早い段階から弁護士に依頼するのは賢明な事の進め方だと言えるでしょう。

〈参照サイト〉アディーレ:交通事故慰謝料相談依頼


Comments have been closed/disabled for this content.