人身事故の慰謝料


事故

交通事故の中でも最もこわいのはやはり人身事故でしょう。子供の飛び出しなどを含め、気をつけていても避け難く思えるような人身事故のパターンもあります。もちろん自分が人身事故の被害者側になることもあります。人身事故の場合にはどのような慰謝料が発生するのでしょうか。

人身事故の慰謝料といってもいつくか種類があります。例えば入通院に対する慰謝料があります。入院なのか通院なのか、どの部位をどのくらい怪我をしたのかなどでこの慰謝料の金額は決まってきます。他にも後遺症が残るような怪我の場合は講師障害慰謝料というものが発生します。これ以上治療しても効果があがらないと診断され、症状固定がされると、その後遺障害に対して慰謝料が支払われますが、このためにはその後遺障害を認定される必要があります

大きな怪我になればなるほど、治療にも時間がかかりますし、様々な保険上の手続きや請求などに時間がかかるようになります。場合によってはかなりもめることも考えられますので、専門家に相談することが必要になることも多いでしょう。任意保険会社以外にも弁護士などの法律家に相談することによって意外と知られていないメリットがたくさんあるのです。


Comments have been closed/disabled for this content.